各学校・園のPTA活動

トップページ > 各学校・園のPTA活動


平成23年度のお知らせ一覧

1.学校・地域の概要
 1)生徒数・学級数
   全生徒数は、442名、教職員数は、38名。
  各学年4クラスずつと青空学級が1つで13クラスからなる。
  ・今年度、体育館の改築を行っている。

 2)地域の様子
  平成19年1月に旧赤磐郡瀬戸町が、岡山市に合併し、もうすぐ5年が経ようとしています。岡山市の最も東に位置しており、人口は、15,028人(2010年9月時点)です。岡山市に合併後、家屋の新築が増えている。瀬戸中学校区内の小学校は、江西小学校(瀬戸)と千種小学校(万富)の2校。

2.PTAの組織
 1)執行部 
  会長・副会長からなる執行部は、全員で8名です。任期は2年で4名ずつ毎年交代して
 います。会長は、毎年、副会長8名の中から1名が話し合いで選ばれます。
 2)専門部
  執行部とは別に事業部、補導部、文化部、環境福祉部、学年学級部(委員会)の
 5つの専門部があります。副会長が、それぞれの部を一つずつ担当し、専門部の部長、
 副部長とともに各部の活動をリードしています。

3.PTAの事業
 1)執行部
 ・執行部会:毎月1回程度、執行部会を開き、学校からの情報とPTAの活動状況について
  報告・反省などを行っている。
PTA総会:年1回(4月)、PTAの決算報告と予算についてPTA会員の承認を得る。また規約改正などの承認を得る。新執行部員と教職員の紹介も行われる。例年数百人の保護者の出席がある。
七夕会:年1回(7月)東ブロックの中学校のPTA執行部員、校長・教頭先生が一同に集まる会。各PTA執行部の紹介もありお酒も出て、毎年楽しい会です。
三校会:年1回(8月)。江西小学校、千種小学校のPTA執行部員と交流・歓談し、各学校のPTAの活動状況や問題点を話し合う。
地区懇談会:年1回(7月)、地域の代表者と学校の教職員、保護者が地区毎に教室に別れ、地区の問題点を話し合う。
江尻サマーフェスティバル:年1回(8月)生徒会の出店を手伝う。生徒が、受付、ゴミの片づけなどボランティアで参加した。生徒有志が、「瀬っ中ソーラン踊り」を披露して地域の人たちと交流した。
評議委員会:年4回(3月、4月など)。地区評議委員、各専門部員が集合する会。PTAの活動報告と、決算・予算とPTA規約改正などについて話し合う。
役員選考委員会:年1回(11月)。現執行部員と立候補または推薦があった執行部役員候補者からなる委員会で、新執行部役員候補者を決定している。
しゃべり場:岡山市内で行われる「しゃべり場」に生徒代表を連れて参加する。

 2)事業部
 ・体育大会:年1回(5月)。大会バザーの開催。売店の運営。¥105,358の収益があった。
 ・アルミ缶・廃品回収:年4回。

 3)補導部
 ・体育大会:年1回(5月)。駐車場交通整理。
巡回補導:育成協議会の定期巡回や夏祭り(江尻、万富、大井)での巡回など。
瀬戸町安心安全町づくり協議会、交通安全母の会:これらの瀬戸町の会に参加・協力した。
補導部だよりの発行:年2回(9月、2月)交通指導や補導の際、部員が気になったところを報告してまとめている。

 4)文化部
 ・PTA新聞の発行:年2回(9月、3月)。各専門部の活動の紹介

 5)環境福祉部
 ・花いっぱい運動:年2回(6月、11月)。中学校の校舎内に花を植える活動。
  保護者と生徒が共同作業する。(写真1)
奉仕作業:年2回(8月、11月)。中学校校舎や中庭の清掃を、教職員、PTA会員、生徒が合同で行う。夏休みに始めたところ、大変好評であった。
ふれあいスポーツ交流会:年1回(2月)。育成協議会の支援を受け、小学校6年生と中学校1、2年生がリクレーションを通じて交流する。中学校に対する不安を解消するのが狙い。

 6)学年学級部(委員会)
 ・体育大会:年1回(5月)。準備・運営。PTA種目の企画。
 ・P&T懇親会:年3回(6〜7月)。学年毎に開催。保護者と教職員が集まって会食。
 ・学年活動:年3回。学年毎に保護者と生徒、教員が集まって、簡単なゲームなど
  リクレーションを行う。毎年いいふれあいができている。(写真2)
 ・参観日懇談会:年1回(11月)。参観日に合わせて、各学年で保護者と教職員が懇談。
  参加者が少なくなっている。

4.瀬戸中学校区地域協働学校
 ・平成22年11月、瀬戸中学校区の地域協働学校がスタートする。
 ・瀬戸中学校区地域協働学校連絡会:年3回開催(6月、11月、2月)。
 ・スローガン“育てよう 心豊かでたくましく キラリと輝く 「瀬戸っ子」を”
  を決める。
保・幼・小・中学校のPTA会費から少しずつ集めて運営している。
取りあえずあいさつ運動から始めている。
今年11月の連絡会では、先行する富山中学校から佐々木PTA会長を招き、地域協働学校の活動状況を解説してもらった。大変参考になった。

5.瀬戸地区青少年育成協議会
 ・総会:年1回(6月)瀬戸地区の育成協議会の活動、決算・予算報告。計画の承認など。
夏祭り補導、巡回補導、地区懇談会、清掃活動、夏祭りのイベントなどの補助金がこの協議会から出ている。

6.今後の取り組み
様々なPTAの行事で、参加者が増えているものと、減ってきているものがある。PTA行事の見直しが必要であると思われる。
地域の人たちとの交流を増やす。(多忙な生徒たちの参加を募るのが難しい?)
創立50周年が、2年後となる。何かしないといけない?

花いっぱい運動(6月)

2年学年活動(9月)

このページの先頭へ

このページの先頭へ